福岡市スカッシュ協会について



■ スローガン

『見せちゃれ!スカシュの力!』
福岡にパブリックスカッシュコートを誘致しよう

■ ロゴマーク



■ 平成28年度活動総括

1.4つの補助金事業を柱に活動は順調に推移した。
  FSA大会で参加者応募を他県に頼らず開催でき、優勝CUPも海峡を無事戻り安堵。
2.ジュニア体験レッスン・ビギナーズ大会など有料化に収益化を図ることが出来た。
3.ジュニア大会も5回目を迎え、子供たちも成長して強くなり、今季は兄弟選手が新たに入会したり、
  他の選手もOP大会や全日本ジュニアなどに挑戦したり、実績を着実に積み上げていると認識できる。
4.「おっしょい福スポ」表紙にスカッシュが掲載され、市へのアピールも充実してきた。
5.JSA機関紙に掲載され、活動が徐々に認識されてきた。

 → 平成28年度活動報告(PDF)

■ 平成29年度活動方針

1.2020年オリンピック新種目入りは果たせなかったが2024年に(フランス大会予定)に再び希望を託し
  継続した普及活動・パブリックコート誘致に一層邁進する
2.今後も体験レッスンなどイベントの有料化を図り収益化の安定を図り、ジュニア育成基金などに
  充当する。
3.総合スポーツ大会入場行進の参加者目標数を前年度より大幅に増やす。
4.事業の担当者を理事で担当し組織的な体制作りを目指す。
5.新たに理事会の中で「理事長」を置く。

 → 平成29年度活動計画(PDF)

■ 課題・検討事項

1.今後さらに収益化を図るためFSAグッツの制作検討していく(協賛社を募るのがむつかしい)
  シンプルで邪魔にならず、安く、他者の追随ができない物)を検討中。
2.福岡市スカッシュ協会の組織構成の再検討。

■ FSAの未来をつくるビジョン作り

1.スカッシュ普及のための人づくり、コート作り
2.盤石なFSA組織作りを!

「見せちゃれ!スカッシュの力!」

コメントは停止中です。